ページ内容の先頭インターネットバンキングによる預金の不正払い出しの発生について

新潟信用金庫 個人のお客様 > インターネットバンキングによる預金の不正払い出しの発生について

2013年01月31日更新

 先日、ある金融機関において、インターネットバンキングによる預金の不正払い出しの被害が発生しました。
 手口としては、お客さまがインターネットバンキングにログインした直後に、不正に合言葉の変更画面を自動的に表示させ、登録情報を変更させたうえで情報を盗取。その後、資金移動用暗証番号の入力も促し、お客さまが普段使用している端末ではなく、別の端末から、既に何らかの手段により入手していたID、パスワードと合言葉によりログインし(別の端末からログイン等するため、ID、パスワードの他に合言葉が必要になったものと推測されます)複数の金融機関の口座に不正送金し、速やかに引き出しを行っているようです。
 昨年秋以降、不正にポップアップ画面を表示させてインターネットバンキングの本人認証情報を盗取しようとする事案も発生し、実際にお客さまに被害が生じたケースもありました。

当金庫では、ログイン後に合言葉の変更を促す画面を表示し情報を入力いただくことはありません。万一そのような画面が表示された場合は、暗証番号や合言葉等のお客さまの情報を絶対に入力しないでください。

    このページの先頭へ