新潟しんきん

総代会制度

総代会のイメージ画像

信用金庫は、会員同士の「相互信頼」と「互恵」の精神を基本理念に、会員1人1人の意見を最大の価値とする協同組織金融機関です。したがって、会員は出資口数に関係なく、1人1票の議決権を持ち、総会を通じて当金庫の経営に参加することとなります。しかし、当金庫では、会員数がたいへん多く、総会の開催は事実上不可能です。そこで、会員の総意を適正に反映し、充実した審議を確保するため、総会に代えて総代会制度を採用しております。

この総代会は、決算、取扱業務の決定、理事・監事の選任等の重要事項を決議する最高意思決定機関です。したがって、総代会は、総会と同様に、会員1人1人の意見が当金庫の経営に反映されるよう、総代構成のバランス等に配慮し、選任区域ごとに総代候補者を選考する選考委員会を設け、会員の中から適正な手続により選任された総代により運営されます。

また、当金庫では、総代会に限定することなく、顧客満足度アンケート調査や電子メール・電話などによる意見・要望・苦情相談窓口(お客様相談室)の設置、役職員による日々の訪問活動など日常の事業活動を通じて、総代や会員とのコミュニケーションを大切にし、さまざまな経営改善に取組んでおります。

なお、総代会の運営に関するご意見やご要望につきましては、お近くの営業店までお寄せください。

総代会は、会員1人1人の意見を適正に反映するための開かれた制度です。

1.総代会の仕組み

総代会の仕組み解説画像

2.総代とその選任方法

(1) 総代の任期・定数

  1. 総代の任期は3年です。
  2. 総代はその就任時点で満80歳を超えない会員とします。
  3. 総代の定数は、110人以上150人以下で、会員数に応じて各選任区域ごとに定められております。

なお、平成29年6月30日現在の総代数は112人で、会員数は17,251人です。

(2) 総代の選任方法

総代は、会員の代表として、会員の総意を当金庫の経営に反映する重要な役割を担っております。そこで総代の選考は、総代候補者選考基準に基づき、次の3つの手続を経て選任されます。

  1. 会員の中から総代候補者選考委員を選任する。
  2. その総代候補者選考委員が総代候補者を選考する。
  3. の総代候補者を会員が信任する(異議があれば申し立てる)。

総代候補者選考基準

  1. 資格要件
    ・総代候補者は、当金庫の会員であること
  2. 適格要件
    ・総代としてふさわしい見識を有している者
    ・良識をもって正しい判断ができる者
    ・人格に優れ、金庫の理念・使命を十分理解している者
    ・その他総代選考委員が適格と認めた者

総代が選任されるまでの手続について

総代が選任されるまでの手続解説画像

3.第91期通常総代会の決議事項

第91期通常総代会において、次の事項が付議され、それぞれ原案のとおり了承されました。

(1)報告事項
 第91期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)業務報告、貸借対照表および損益計算書の内容報告の件

(2)決議事項
 第1号議案 剰余金処分案承認の件
 第2号議案 定款一部変更の件
 第3号議案 総代候補者選考委員選任の件

総代の氏名等

※氏名の後の数字は総代への就任回数です。

1区(15人) 本店 荒利隆(3)、金沢多聞(7)、茅野与志樹(8)、栗山清(11)、小泉英一(4)、小山雅幸(6)、坂田貴雄(11)、椎谷周策(6)、津吉孝司(2)、栂坂昌業(2)、篠田昭(新潟市火災共済生活協同組合 理事長)(16)、西村俊男(8)、福井丈夫(2)、山崎太(5)、吉崎高良(2)
2区(27人) 山ノ下 五十嵐由之(3)、小林清(5)、小林真(8)、庄内実(4)、浜矢謹次(10)、猿子辰也(5)
大形 阿部一義(1)、石崎一之(2)、岩田正逸(6)、上田和男(2)、河崎仁司(1)、桑野豊(2)、高野真人(1)、本間克也(5)
中山 阿部久則(2)、上野喜助(6)、坂井秀博(4)
松浜 木村政吉(9)、小林信太郎(5)、田村征司(2)
石山 青木誠一(6)、田中一郎(6)、仲田無難人(9)
物見山 黒川通男(4)、高橋秀太郎(6)、永尾久志(1)、長北喜雄(12)
3区(28人) 沼垂 今井義隆(5)、内田忠(6)、大島常三郎(10)、加藤武栄智(3)、佐藤克栄(11)、髙橋正(16)、山岸健治(8)
米山 石津進(2)、堅田勝利(7)、小林正夫(15)、佐藤芳男(5)、名児耶稔(6)、渡辺善一(15)
鳥屋野 上之山喜男(9)、竹内武(3)、中山昌敏(7)、布施雄二(4)、若林義人(1)
出来島 中村公(1)、山際芳明(10)
姥ヶ山 宇山和之(1)、早川澄男(1)
亀田 倉嶋則昭(2)、小林哲夫(3)
春日町 早川一美(1)、松澤京子(6)
ながた 平松勝(1)、横木正幸(6)
4区(5人) 横門前 川崎純一(4)、高橋英樹(8)、高橋裕之(7)、田宮忠雄(3)、本間義康(7)
5区(16人) 関屋 斎藤忠正(6)、早福優(6)、早福由起夫(3)、田中壮一(3)、山口博(13)、鷲尾元次(2)
青山 小原虎士(2)、田村文夫(1)、長谷川市郎(1)、松田優一(1)、横村正一(6)、渡部三郎(1)
真砂 寺沢淳一(1)、原澤憲(1)
坂井 小林晃太郎(1)、横堀小太郎(8)
6区(19人) 白根 青海幸一(3)、池田正稔(6)、小林志朗(12)、笹川秀則(2)、関鉄朗(7)、長谷川保(2)、廣木睦生(5)、藤﨑守(13)、丸山俊郎(5)
大野 中村博(10)、廣瀨徳男(9)、星野好雄(7)、村山一恵(6)、山際輝充(6)、山田孝史(5)、山田忠(3)、横山仁(3)
寺地 赤川辰平(6)、駒澤源一(6)

(総数110人、各支店毎に五十音順、敬称略)
(平成30年6月30日現在)

総代の属性別構成比

※業種別の構成比は法人・法人代表者および個人事業主に限ります。

職業別 法人・法人代表者 80%、個人事業主 15%、個人 5%
年代別 80代以上 28%、70代 38%、60代 28%、50代 6%
業種別 建設 19%、製造 22%、運輸・郵便 1%、卸売・小売 17%、金融・保険 1%、不動産・物品賃貸 28%、学術研究・専門技術 2%、宿泊・飲食 3%、生活関連・娯楽 4%、教育・学習 1%、医療・福祉 1%、その他サービス 1%